真の感謝 ありがとうを知る
Ksエナジーメソッド
自分のルーツを辿り家系図を作成

「感謝の原点、それは自分のルーツを知ることから」




Ksエナジーメソッド
エネルギー理論とは

Ksエナジーウェブ
理念

私たちの理念
 「感謝の原点、それは自分のルーツを知ることから」

Ksエナジーメソッド 家系図を作成するとは

知る自分のバックボーンを知る

日本人のバックボーンとは、

まずは日本の歴史を知ることでしょう。

日本の国はこれまでの歴史の中で、

多くの危機、酸化に見舞われて来ました。


しかし良し悪しきにつけて自然豊かで

海に囲まれていて、台風や津波、水害、地震と火山の噴火と

多くの自然災害があっても日本人は乗り越えて来ました。

そういった苦しい酸化を還元にして助け合い、

困った時はお互い協力し合う国民性が培われ、

さらに戦乱があっても天皇を中心とした、体勢は崩れることなく、

戦争で敗戦しても属国になることはありませんでした。


天皇は日本の象徴として守られて、

これまで日本の天皇家は男系継承で125代、2600年以上続いています。

このような国は世界を見渡しても日本の国しかありません。


こうした素晴らしいバックボーンがある日本に生まれたことを、

感謝して誇りに思い、そして大変な時代を乗り越えて来た、

私たち個人々の、御先祖様の存在を知ることがエネルギーを上げるのです。


ありがたいことに、日本は戸籍制度が充実していて、

誰でも戸籍を辿れば3代から5代までの御先祖様を調べることができます。

お墓参りや仏壇に手を合わせるのは、今は亡き御先祖様に対し、

今は見えない存在に感謝し、合掌することです。

そして戸籍を辿り家系図にすることは、

自分の御先祖様を目に見えるよう感謝を形にすることなのです。

自分の御先祖様はどんな人だったのか。

あまり考えたことはなくても、興味を持たれる人がほとんどです。

江戸後期、明治大正昭和の祖父母、曽祖父が生きた時代に、何が起きていて、その時どんな思いをしたのかを、感じることが出来ます。

今の日本が恵まれているのは、こうした礎があってこそなのです。

日本人の何がエネルギーになっているのか気づくのです。


先祖に弔い仏壇に手を合わせる。

お墓参りをする習慣が日本にはありますが、

合掌、手を合わせるのは全ての入り口で、

目には見えないエネルギー、

感謝することに気づくための行いなのです。


「自分は何者か?」
「おかげさま」の力はどこから?

自分が何者なのかを知るには、

まずは自分のバックボーン、ルーツを知ることです。

それは日本の国を知ることでもあり、

自分の祖先が生きた時代に、何が起きていて、

どんな思いだったのかを知ることです。

現代、今の豊かな国、日本があるのは、

そういった大変な時代を生き抜いた、

日本人の大変な苦労があってこそなのです。


家系図の作成は自分ルーツ、バックボーンを調べることで、

同時に日本の歴史を知ることと、

自分とご先祖様との間で、

魂の波動共鳴をすることができるのです。


先祖の数は莫大です。

遡れば遡るほど指数関数的に増えて、10代で総勢2046名のご先祖様が存在します。

だから何?という人はよけておいて、

目には見えなくても、確実に存在した莫大な数のご先祖様と時代は違っても縁があったから、

私たちはこうして今、存在しています。

日本人がよく「おかげさまで」という言葉を使いますが、

まさにこのことなのです。


初志貫徹して何かを成し遂げた人の考え方が、

今あることが

当たり前と思うのか、

感謝しなければと思うのか、

どちらかなのかは言わなくても分かります。


この世は感謝で創造されていますから

世の中は感謝しないと当然、非共鳴になり、

失敗するようになっています。


それには、まずは自分の存在を自覚して感謝して、

自分のルーツを知って家系図を作成することが、

ご先祖様との波動共鳴なのです。



ご先祖様とコネクション

コネクションを辞書では

関係。つなががり

物事をうまく運ぶのに役に立つ親しい関係。縁故。

「誰誰さんの紹介なら会ってみよう」
「あの人が言うなら行ってみよう」

「力になってあげたい」など学校に入学するのにも、

会社に就職するのにも、結婚するのにも波動同調現象で成り立っています。

コネはあった方がいいかといえば、

あった方がいいに決まっています。

それにはエネルギーを上げないとコネはできません。


これは現世で生きているうちの、

人間関係だけに目を向けるのではなく、

自分の先祖代々数千数万人に目を向けることです。

現世には存在していませんが、私たちの体の中、

遺伝子に組み込められています。

日本の国の歴史と自分の祖父母、曽祖父母、高祖父母が、

生きた大変だった時代を知って、思いを馳せてみると、感謝の念が湧いて来ます。

そして私たちに組み込まれている、莫大な先祖代々の中から、

あなたに必要な力を貸してくれるのです。


そうやって聞くとスピリチュアル的に聞こえますが、

遺伝子に組み込まれた、眠っていたスイッチが入って、

波動が変わりエネルギーが上がるということです。

このようにコネというのは相対的に、現世の見えるものより、

先祖代々の見えない力の方が圧倒的に影響が強いのです。

これが日本人のエネルギー「おかげさまで」の力です


「自分の家系なんかは大したことないよ」という人がいます。

そうしますと

そうしますと「自分は大したことない」という波動を発信しているから、

それ同等のコネしか受信出来ないという話しをします

誰でも数千、数万人の御先祖さんがいて、いろんな人がいました。

良い人とそうでない人、優秀な人と劣る人がいますが、

全部遺伝子に組み込まれています。

エネルギーの低い人と波動共鳴、コネクションを結ぶのかは、

自分の発信する波動で決まります。


波動共鳴 共感の力

コネクション、コネがある人は生まれながらにして、徳を持っています。

目に見えるから信じる、見えないから信じない。

そんなレベルではなく世の中は、

目に見えているものがほんの一部で、

私たちの目に見えない世界の方が、莫大で圧倒的に影響を受けているのです。


そして目に見えない世界の徳のある人というのは、  

不思議と困ったときや逆境、困難があっても誰かに助けられ強運です。

このように結果は目に見えても、原因は目に見えないのです。


起きている結果しか見ない、目に見える世界しか信じない人にとっては。

不公平で理不尽に見えるかもしれませんが、

波動の理を知ると、それに納得がいくと思います。

そもそも波動というのは、原子、量子の世界で目には見えませんから、

信じるしかないみたいに思われます。

しかし、信じようが信じまいが、物質の固有の振動数、波動は絶対にあるのです。

波動は全てつながっていますから、

仕事と家庭と、別物に見えますが

相対で二つで一つになっていて、

莫大なエネルギーになっています。

「家庭と仕事、どっちが大事なの⁈」

と夫婦ケンカしたことがある人が多くいますが、

答えは、どらも同じくらい大事です。

仕事だけも、家庭だけも切り離すことは出来ず

片方どちらかだけでエネルギーは生みません。

仕事と家庭、二つの相対、吸引と反発があって

エネルギーを生むようになっています。

片側だけではエネルギーを生み出すことはないのです。


これは現代だけではなく、

対過去にも、対未来にも波動は、

ずっとつながっていて、

現代だけでエネルギーは生み出すことはありません。

現代があるのは過去があるおかげです。

その過去を具体的に知れば知るほど、

エネルギーが上がるようになっています。

また未来にも目を向けることでもエネルギーが上がります。

波動共鳴 共感の力

コネクション、コネがある人は生まれながらにして、徳を持っています。

目に見えるから信じる、見えないから信じない。

そんなレベルではなく世の中は、

目に見えているものがほんの一部で、

私たちの目に見えない世界の方が、莫大で圧倒的に影響を受けているのです。


そして目に見えない世界の徳のある人というのは、  

不思議と困ったときや逆境、困難があっても誰かに助けられ強運です。

このように結果は目に見えても、原因は目に見えないのです。


起きている結果しか見ない、目に見える世界しか信じない人にとっては。

不公平で理不尽に見えるかもしれませんが、

波動の理を知ると、それに納得がいくと思います。

そもそも波動というのは、原子、量子の世界で目には見えませんから、

信じるしかないみたいに思われます。

しかし、信じようが信じまいが、物質の固有の振動数、波動は絶対にあるのです。

波動は全てつながっていますから、

仕事と家庭と、別物に見えますが

相対で二つで一つになっていて、

莫大なエネルギーになっています。

「家庭と仕事、どっちが大事なの⁈」

と夫婦ケンカしたことがある人が多くいますが、

答えは、どらも同じくらい大事です。

仕事だけも、家庭だけも切り離すことは出来ず

片方どちらかだけでエネルギーは生みません。

仕事と家庭、二つの相対、吸引と反発があって

エネルギーを生むようになっています。

片側だけではエネルギーを生み出すことはないのです。


これは現代だけではなく、

対過去にも、対未来にも波動は、

ずっとつながっていて、

現代だけでエネルギーは生み出すことはありません。

現代があるのは過去があるおかげです。

その過去を具体的に知れば知るほど、

エネルギーが上がるようになっています。

また未来にも目を向けることでもエネルギーが上がります。

エナジーコンサルタント
(家系図作成パートナー)
エネルギー理論を学んで活かす
こんな方が対象です

  • 家系図を作ってみたい
    興味がある
  • 自分のルーツに興味がある
  • 現在の仕事に活かしたい
  • 人から喜ばれる、感謝される仕事がしたい
  • これから起業しようと考えている
  • 波動を学んで自身の健康に役立てたい
  • 家庭、職場の人間関係を良くしたい
  • 人生をより良くしたい、充実させたい
  • これらを学び人に教えたい、講師になりたい
  • 自身の波動、オーラを高めたい
  • エネルギーを上げたい
  • 波動について興味がある もっと知りたい
  • 現在の仕事に活かしたい

エナジーコンサルタント
Ksエナジーメソッド

パートナー サブパートナー養成
波動について  45分

・波動とは  
・物質を構成する原子の特性
・酸化還元の原理      

エネルギー理論 45分
・相対の法則 全ては二様で出来ている
・段階の法則 波動の高め方
・相似の法則 エネルギー理論を日常にあてはめる  

家系図の作成手順 90分
家系調査の方法
家系調査の範囲
戸籍の取り方・たどり方
家系図の表記方法(書き方・作り方)の基本的なルール

Ksエナジーメソッドでエネルギーを上げる
家系図作成で波動、エネルギーは上げることができる?!

波動はエネルギーです。
個人差があっても、
人ぞれぞれエネルギーの高い低いがあります。
エネルギーの高い人は
その人が望むものや人、出来事を引き寄せることができます。
例えるならば、私たちが地球に立っていられるのは
地球上で一番エネルギーが強い地球に、しっかり引き寄せられているからです。
エネルギーの弱い人は
エネルギーの高い人に比べ、望むものや人、出来事が明確でないため
引き寄せる力(引力)が弱いのです。

エネルギー理論はこうした原理を科学の法則にしたものです。

そして、エネルギーを上げるために最も大事なのが
感謝の原点、それは自分のルーツを知ることから
と考え、当社の理念にもなっています。

自分の御先祖様はどんな人だったのか。

あまり考えたことはなくても、興味を持たれる人がほとんどです。

江戸後期、明治大正昭和の祖父母、曽祖父が生きた時代に、
何が起きていて、その時どんな思いをしたのかを、
家系図作成を進めていくうちに感じることが出来ます。

今の日本が恵まれているのは、こうした礎があってこそなのです。

日本人の何がエネルギーになっているのか気づくのです。


先祖に弔い仏壇に手を合わせる。

お墓参りをする習慣が日本にはありますが、

合掌、手を合わせるのは全ての入り口で、

目には見えないエネルギー、

感謝することに気づくための行いなのです。


Ksエナジーウェブ
Ksエナジーメソッド
エネルギー理論で家系図作成をすることで

  • 自分のエネルギーが上がる
  • 体が丈夫になる。
  • エネルギーの高い人と知り合える。
  • 逆境に強くなり困難に立ち向かえる。
  • 悩んでも解決出来る。
  • 自然治癒力を高められる。
  • 仕事が上手くいく。
  • 毎日が楽しく充実した日々がおくれる。
  • 周りの人を幸せにすることが出来る。
  • 人間関係が良くなる。
  • 自然治癒力を高められる。

Ksエナジーウェブ ミッション

「全ての人の、エネルギーを上げる」

【波動(エネルギー)とは何か】

波動とは、「万物が持つ固有の振動」であり、エネルギーを指します。

波動を人の例をあげて言うと、
エネルギーはバイタリティーの強弱、

個人の個性や能力、特徴、考え方などとも言えます。

波動は全ての人、動物、物など例外なく全てに存在し、目に見えるもの(個体、液体)だけでなく、

目に見えないモノ(気体)にも波動はあるのです。


エネルギーを上げるとは、

体の機能を知って感謝することと、意欲的に前に出て行く姿勢で行動する事です。

実は波動の高い人と波動の強い人とは、同じように見えますが実は全く違います。


波動が高い人とは奉仕、利他の精神があって、ボランティアにも積極的です。

向学心も有って自分を高めることに重点を置いていてスピリチュアルなセミナー、講義に参加しますが、
あまり動かない慎重派でじっくり考えてからしか行動しません。


波動が強い人とは自己実現、願望をはっきり持っています。

明確な目的と願望の実現をさせるために、まずは行動して考える。波動が強いほど、

考えてから行動することはしません。

周りを気にすることなく行動し、前に前に進んで行く人で、
グループのリーダー的な、みんなを引っ張って行く人です。


波動が高い人と強い人は、一見同じように聞こえますが、相対で全く違うことが分かります。

波動が高い人が精神的に豊かでも、経済的にはそうでもなく、

逆に波動が強い人は精神世界にはあまり興味がなく、物質主義で、経済的に恵まれてたりします。


しかし、どちらかだけでは長く続きません。それには波動を上げることです。

エネルギーを上げることは、高める強めるバランスです。

波動を高めるのは、感謝することや、目に見えないものを信じ、

手を合わせたりすることをしながら、物質的にも豊かになるよう、

価値あるものをお金に変える思考を持つことです。

お金はエネルギーです。使うことも貯めることも大事です。

これらの波動を高めるのと、強めることをバランスよく、

同時に進めていくことで、波動を上げることができるのです。



【酸化、還元の法則】波動≒エネルギー

波動とエネルギーは厳密に言うと違いはありますが、

波動は

全ての物質を構成する原子の振動が固有の振動で、波動、波長になります。

エネルギーは

「ものを動かす力」です。



エネルギーを生み出す原理は全て同じで

原子を構成する「陽子(+)と電子(−)の吸引反発の原理」です。

電子は陽子の周りを軌道していますが、

電子がスピンアウト(酸化)すると不安定になって

陽子の(+++)が強くなり(−)の電子を吸引(還元)します。

つまり電子が抜ける酸化からエネルギーを発生するのです。

【人はエネルギー体 エネルギーのかたまり】

人は原子の集まりで「エネルギー体」と言えます。

その原子の数は7杼なんと(7,000,000,000,000,000,000,000,000,000)0が27桁。

それに数倍もの電子(素粒子)が私たちの人体を構成しています。

 主に体は4つの原子の

水素、酸素、炭素、窒素で95%とリン、硫黄、Ca、Mg(計29種類)など

微量元素の組み合わせで体はつくられていますが

原子元素には、各々で固有の振動数を持っています。

量子の酸化(+)還元(ー)を測定する。
波動共鳴(量子)検測機



正常な肝臓の振動数と被験者の肝臓の振動数の共鳴、非共鳴を

判定して異常の有無を視ることが出来ます。

それがTシステム(テラヘルツ波)通称、
波動共鳴分析器とも量子検測器とも言われている
身体のエネルギーの状態を測定する検査機器です。

固有の振動数は波であり、波は電子と捉えることができるため
量子論の「電子の状態が物質(体)の状態」の基で体の状態を判定します。





【体は調和のとれたオーケストラ】

原子と原子が組み合わさって出来た分子、成分が物質に成り、

例えると、

ドレミの単音階が組み合わさって出来る調和のとれた和音のように

安定した物質には和音(調和のとれたハーモニー)のような

固有の振動数、波動を持ちます。

 

体も肝臓心臓脾臓肺臓腎臓(五臓)は元は

それぞれの原子から出来ていて分子で構成されています。

分子はタンパク質、アミノ酸、脂質などの成分から成り、

完璧なまでに調和のとれた状態が人の体なのです。

 

【波動は感情】人にはそれぞれ(心、魂)波動がある

オーラも波動の一種です。

波動が共鳴する人とは気が合い、

気が合わない場合は非共鳴です。

 

人は黙って言葉にしなくても雰囲気で、その人が良い人なのか、
そうでないのか分かります。

 

感じの良い人は、その人がいるだけで場の空気が変わりますが、
それを雰囲気といいます。

それを説明するのに「その人が持つ波動(固有の振動数)」
「場の量子エネルギー」で科学的にも例をあげて証明されています。


体は感情によって力強くもなり、力が弱くもなります。

感情(心、魂)は体と一体ですから、感情のエネルギーが
体に影響を与えるのです。


心と体の波動共鳴、非共鳴

イライラ、ムカムカの波動・外に向けて怒りをぶつける人、社会に対して不満が強い人は…

ギラギラ、ワクワクの波動・めんどくさい、嫌なこと、都合の悪いこと目を背ける
快楽主義の人は…

ダラダラ、グダグダの波動・人の話を聞かない、頑固、話の腰を折る、屁理屈をこねる、
文句を言う、自分は動かない人は…

メソメソ、クヨクヨの波動・被害妄想、自分の世界観、「なんで私なの」「私だけが」
自分を可愛そうと感じる人は…

ビクビク、オロオロの波動・いつも悪い予感、希望なんてない、期待しない、「最悪」
「もうだめだ」が口癖の人は…

エネルギー理論を理解すれば
その他、負の感情(波動)のネチネチ、ジメジメ、カリカリ、ピリピリ、
ムラムラ、ハラハラ

エネルギーに変える事ができる。




Ksエナジーメソッド
「エナジーコンサルタントのご案内」
何が学べる? 


Ksエナジーウェブ Ksエナジーメソッドの目的

『Ksエナジーメソッド』でエナジーコンサルタント養成
波動を正しく理解しエネルギー理論を学びます
私たちの理念 
「感謝の原点、それは自分のルーツを知ることから」  
  を理念 に学び伝える
エナジーコンサルタントを育成します。

自分のルーツを辿り、家系図することでを作成することで
感謝の波動、エネルギーの存在を知って(インプット)、それをアウトプットします。

感謝の輪を広げたい
この世の中でもっとも高いエネルギー、波動は感謝と言えるでしょう。
人間関係、体も、お金も経済も社会も、全てのものは感謝で創られているのです。
普段当たり前すぎて、深く考えることはしませんが、間違いなく感謝の波動、エネルギーは存在します。
Ksエナジーメソッドは
感謝について何かを考え、その原点は自分のルーツを知ることからと考えます。
自分を生んでくれた両親に感謝することは当たり前ですが、そこで終わりではありません。

先祖の数は莫大です。

遡れば遡るほど指数関数的に増えて、10代で総勢2046名のご先祖様が存在します。

目には見えなくても、確実に存在した莫大な数のご先祖様と時代は違っても縁があったから、私たちはこうして今、存在しています。

日本人がよく「おかげさまで」という言葉を使いますが、

まさにこのことなのです。

この世は感謝で創造されていますから

世の中は感謝しないと当然、非共鳴になり、

失敗するようになっています。


それには、まずは自分の存在を自覚して感謝して、

自分のルーツを知って家系図を作成することが、

ご先祖様との波動共鳴なのです。

また、同時に日本の歴史を知ることと、

自分とご先祖様との間で、

魂の波動共鳴をすることができるのです。


エナジーコンサルタント
家系図作成サポート業務提携(パートナー)

※詳細は「Ksエナジーメソッド講座内容」
「Ksエナジーウェブ家系図作成サポート業務提携(パートナー)契約書」
をご確認ください。

第5条(パートナー契約に関する契約金)

以下の項目をパートナー契約金に関しての取り決めとする。

 パートナー契約金   ¥180,000(税別) 年会費¥12,000(税別)


パートナー手数料等の条件表
【パートナー契約金18万円 】
・パートナー紹介料10~30% 
パートナーがパートナーを紹介

サービス名「エネルギーを上げる家系図作成サポート」

 基本一系統調査 詳細家系譜調査

¥42,500(税別)

≪オプション》

サービス名 毛筆仕上げ巻物、掛け軸、折り本(いずれかを選択)

¥180,000~(税別)巻きもの直系

一家系詳細系譜
¥240,000~(税別)

二家系詳細系譜 巻物横書き仕上げ掛け軸
¥270,000~(税別)

本部紹介 パートナー紹介

 ※契約後に勉強会実施(約3時間)

その他特典
・自身の体の酸化度を測定する量子検測を受けられます。(年1回目は無料)
   測定結果の記録、定期的な測定に関しては料金は別途となります。
・当社の開催する各講座を受講することができます。
・受講に関しては、場合によって会場代や飲食などに関する費用が別途必要になります。
・当法人の運営するKsエナジーウェブの各種講座、イベントに参加することができます。
・特別な講師を招いた各種講座・イベントは有償のケースがあります。



退会及び禁止事項

□退会会員は次の場合、退会となります。 
会員からの申し出によるとき 
会員である法人が解散したとき
除名年会費の長期滞納。
名誉を傷つけたり、目的に反する行為のあったとき 。

□禁止事項物品販売・受注斡旋などの商行為
組織を利用したり、諸会合での商行為
人間関係や金銭のトラブルの原因となりますので厳に慎んでください。
宗教・政治活動・他団体への勧誘
・PR行為の勧誘
・PR行為は誤解や不信を招きますので、一切行わないでください。
金銭の貸借会員相互の金銭の貸借について、一切責任を負わないものとします。

開催概要

お問合せ 申し込み(仮)

 お気軽にお問合せ下さい
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信

 エナジーコンサルタント講師

講師 北原貴盛
1966生 みずがめ座
ペンネーム 皆実之 一 (みなみの はじめ) 電子書籍作家
出身地 愛知県

エナジーコンサルタント講師
Ksエナジーメソッド創始者
職業
家系図作成アドバイザー
エナジーコンサルタント
整体師 パーソナルトレーナー 
セラピスト
作家  講演活動、

[経緯]
実業団三菱名古屋に入り柔道に励むも怪我に悩まされ、
スポーツトレーナーに転身。のちに
三菱名古屋柔道チームのトレーナー、
極真会館専属トレーナーを務める。
自身の怪我の経験から運動学を学び、怪我をしにくいからだづくりと科学(量子論)に基づく
独自のウォーミングUPとクールダウンを開発研究。(現在の量子整体)
治療家、セラピスト、スポーツ競技者、格闘者から一般、壮年、高齢者から広く現在も指導を行う。


〈実践者として〉
筋トレ歴38年、現役ハードトレーニーであり、
柔道三段、ベンチプレス170kgを上げる
〈趣味〉ピアノ 津軽三味線